チームプルーブ公式Facebookアカウントはコチラ

COACHES
コーチ紹介

  • 高尾 千穂
  • 高尾 千穂01
  • 高尾 千穂02

高尾 千穂
Chiho Takao

2014年

ソチオリンピック スロープスタイル日本代表

2013年

アメリカWinterDewtour スロープスタイル出場
スペイン シエラネバダ FISワールドカップ4位

2012年

フィンランド・ユヴァスキュラ FISワールドカップ6位
アメリカ・マンモス FISワールドカップスロープスタイル7位
アルゼンチン・ウシュアイア FIS ワールドカップ8位

学歴

明治学院東村山高校卒業2002年
早稲田大学 人間科学部入学2002年
早稲田大学 人間科学部卒業2006年
早稲田大学大学院 スポーツ科学研究科入学 在学2015年

保有資格

TOEIC テスト スコア900
国際スキー連盟公認
スキースロープスタイル・ハーフパイプ審判 A級ライセンス
AFP Judges License GOLD

ほぼスキー経験がない中、大学在学中の20歳から本格的にスキーをはじめる。

07年、物品スポンサーとの用具契約を機に現在所沢に拠点をかまえるチーム、白川塾に入り、09年からスロープスタイルの国外の大会に転戦。
初の国際大会であるAFPニュージーランドオープンで4位入賞を果たした。
12-13シーズンではFISアジアオープンで準優勝。
FISW杯最終戦では4位に入り、日本人のW杯同種目最高位を記録した。

また、世界トップ20の選手による完全招待制のプロ戦であるDEW TOURでは、日本人のスキースロープスタイル選手として初めて招待された。

ソチ五輪にて正式種目となったスキースロープスタイル競技において唯一の日本代表選手として出場。

ソチ五輪後は選手を引退し、自身の出身チームでコーチとして後進の育成をする傍ら、大学院に入学し、コーチングを学びながら未だ研究が行われていない、スキースロープスタイルの動作解析の研究を行う。
また、アジア人初となるスキースロープスタイル・ハーフパイプの国際スキー連盟公認の審判員資格を取得し、昨年度からワールドカップの審判員としても活動している。

毎年行われている国内最大級の大会であるOZE TOKURA FREESKI OPENでは実行委員長として、大会の企画、運営を行い、国内のフリースキー競技の普及に努めている。